ガイドライン

ガイドライン

慢性疼痛の最も効果的で有用性の高い治療法について意見を集約

本ガイドラインは、慢性疼痛患者を主に診察・治療している医療スタッフが現在、成人の非がん性慢性疼痛患者において、最も効果的で有用性の高い治療法を集約したものです。慢性疼痛患者を主に診察している医師だけではなく、地域住民とふれあうことの多い第一線のプライマリー医師や痛み患者の理学療法を行っているリハビリテーションスタッフ、医師と患者の架け橋になっている看護スタッフ、痛み患者のカウセリングを行っている心理スタッフなどにも参考にしてもらえるような実臨床に即した幅広い CQ(クリニカルクエスチョン)で解説しています。

【監修】「慢性の痛み診療・教育の基盤となるシステム構築に関する研究」研究班
【編集】慢性疼痛治療ガイドライン作成ワーキンググループ