慢性疼痛診療体制構築モデル事業

慢性疼痛診療体制構築モデル事業

慢性疼痛診療体制構築モデル事業について

現在、厚生労働行政推進調査事業費補助金(慢性の痛み政策研究事業)における「慢性疼痛診療システムの均てん化と痛みセンター診療データベースの活用による医療向上を目指す研究」において、患者さんが身近な医療機関で診療できるよう地域の医療機関との連携について研究を進めています。
本事業は研究において得られた成果(連携ツール等)をもとに、集学的な慢性疼痛診療の連携を実践し、地域の実情、医療資源等の配置状況等に応じ適切なモデルの構築への取り組みをおこなっています。

ブロック 施設名 代表者
北海道 札幌医科大学 村上孝徳/山下敏彦
東北 福島県立医科大学 矢吹省司
関東甲信越 順天堂大学 井関雅子
東海・北陸 愛知医科大学 牛田享宏
近畿 滋賀医科大学 福井聖
中国 山口大学 鈴木秀典
四国 四国こどもとおとなの医療センター 川﨑元敬
九州 九州大学 細井昌子